医師の非常勤勤務の求人に応募した時の体験談

あえて制限の少ない非常勤の求人に応募

あえて制限の少ない非常勤の求人に応募今、非常勤勤務を望む人が増えている組織として医師は常に責任が重い

これまでは常勤の医師として仕事をして来たのですが、組織に属している事で出来る事があまりにも制限されるのが嫌になり非常勤の求人に応募して非常勤になることにしました。
その時に面接を受けたのですが、感想としてはこれからはこうした自分のような考え方をするような人が増えていくという事を感じました。
面接をしていた人もかなり経験があるようで、どんなことが出来るようになるのか、どんな医療を考えているのかという事を詳しく聞いてくるという感じで、採用は既に決まっているけれでも何を目的とているのかという事をいろいろと聞いてくるという事が特徴的なかんじではありました。
病院側としてもこれから医師の働き方というものを考えていく傾向を強く出しているということを感じています。
というのは、これまでのような押し付けが効かない状態が出てきているという事があるのかもしれません。
自分のように組織の下にいることが我慢できないという事を考える人はかなりいるようで、非常勤勤務を望む人が増えているという事があるのです。
今は病院も難しいことが多々あって、特に患者さんからの医療ミスの訴えなどの対処はどうすればいいのかという事で困る事も多くなっています。
医療は人の命を扱う事になるので、トラブルが多いというよりは日常茶飯事のようにトラブルが起きているのが現状ということが言えるでしょう。

医師求人 / 医師の求人・転職なら